チニング

ちびチヌムシ 実釣インプレ

こんにちは!

少し間があきましたが、先週にチヌムシを仕込んでから、早く使いたくてウズウズしていて、2日ほど前に実釣調査に出てきました。

諸般の事情により、釣りの出来る時間は実質1〜1.5時間。
新しいアイテムの調査には物足りない持ち時間ですが、雨も降っていなかったので、ポイントに入ります。

風が全くない日だったので、思いっきりウェイトを落として、自然にフナムシが落ちるイメージでやってみよう、と言うことで、0.9gのジグヘッドで釣りを開始します。

できるだけ、フワフワとフリーにフォールさせるイメージで釣っていると、8lbのフロロカーボンラインがバイトを伝えてくれました。

ツンっ!という微かな反応。止めてゆっくり送り込んでみると~
ゴンゴン!とブリーム系のしっかりした引きが伝わってきます。
ベイトフィネスロッドをひん曲げつつ、すぐに大人しくなって上がってきたのは、まあまあサイズのキビレーヌ。


やはり、引くだけでも落とすだけでもなく、最近は、反応があった後に、落とすかサビくかの対応をすると、明確なバイトに繋げることができる感じがします。

と言うことで、規定の1時間が経過したので、ダラダラせずにこの日の現場検証は切り上げることにしました。

そして、肝心のチヌムシのインプレですが、ジグヘッドに刺した第一印象は、とにかくマテリアルが柔らかいということ。
バンザイ先生もかなり柔らかいと感じていましたが、それよりも更に柔らかいのは間違いありません。
かと言って、決して柔らかいのが良い、と言うつもりもありません。

柔らかいと、バイト時に違和感を感じられ易い気がしますが、実際には、イガイやカニなどを捕食していることを考えると、咥えた感じが柔らかいからバイトが深くなる、という関連性も無いような気はします。


それと、やはり、マテリアルが柔らかいと、魚が掛かる以外でも、壁面に掛かったりなどしている間に結構ボロボロになって耐久性が低いのが気になりました。やはり、メーカーさんとしては早く消耗する方がいいのかも知れませんが(^^;;

貝とエビの粉末を大量に入れているとのことですが、それが素材が柔かく弱い理由なのかも知れませんね。

そして、たまたま昼間に少し時間が確保できたので、チヌの縦の釣りでは始めてのデイゲームに挑戦してきました。
夜の釣りが通用するのか?検証する為に、二ヶ所ほど回ってみましたが、結果はいいバイトが1回と言う、厳しいものでした。

デイゲームなら、エサに近いフォルムと匂いのワームなら効果があるかと思ったのですが、やはりライブベイトとは違うのか?はたまた、リグのウェイトが合っていないのか?
デイゲームはまだまだ継続調査が必要そうです。

しかし、少しは収穫も?


ちびチヌムシのカラーライトナップにある、セクシーフナムシ。
ナチュラル系と言えばそれまでで、特にこれと言った特徴がない感じがしますが、プロブルー系のカラーはバス時代から好きだったので、買ってみていました。

ちびチヌムシ ジャッカルホームページ

20150711_1

そして、たまたま歩いていると、ちょうど目線の高さ辺りで、実物が居たので写真をパチリ (^^;;
写真では少しわかりにくいですが、カラーもサイズも、ヤバイくらいに似ています。
フナムシをメインで食ってるパターンがあれば、ハマりそうです。

 

と言うことで、ちびチヌムシ、実力を引き出すには、もう少し釣り込んでみないとわかりません。

■タックルデータ
ロッド:アブガルシア ソルティステージ KR-X ベイトフィネス 742MLS
リール:テイルウォーク エラン マイクロチューン 73L
メインライン:東レ バウオ スーパーハードプレミアムPLUS 8lb

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)