タックル関連情報

【ハゼクランク】DUO テトラワークスから KURAKURA登場

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んで頂きありがとうございます。
NABRA Chase Fishing GONTA です。

ハゼクランクの釣行記を書いたところですが、やはり夏ということでハゼクラ用のルアーが新たにリリースされます。

【DUO テトラワークス KURAKURA クラクラ】です。

テトラワークスと言えば、メバリングやアジングなどのプラグが多く出されており、DUOのライトゲームブランドですが、そのテトラワークスからハゼクランクゲーム用のプラグが登場します。

ハゼクランクはぶっちゃけ小型のクランクベイトであればほとんどのプラグが適合すると思いますが、ハゼクランクを意識したいくつかの仕様が興味を惹く製品になります。

では、簡単にではありますがピックアップ記事を書いてみたいと思いますので、お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

フックの仕様が少し斬新

ハゼクランク用のプラグは、ほとんどがスプリットリングでシングルフックをセットしている状態です。

トラウト用のバーブレスフックを使ったり、ダブルフックの地獄仕様にしたりとフッキングが良くなるように工夫はされていますが、実際に使ってみての感想は、ほとんどのハゼがリアにセットしているアシストフックに掛かります。

アシストフックとは、下の画像のリアフックのように、小針をスレッドで繋いだフックで、本来ならメインフックへのミスバイトを拾う目的で使われるものですが、ハゼクランクにおいてはメインフックと言っても過言ではないフックになります。

なので、根掛かり回避も意識してフロントフックは外しても釣果に大きく影響しない言い切れるくらいです。

私はキス釣り用の赤色の袖針を使って自作していますが、市販品もジャストエースやダイワなどからリリースされています。

ケイムラ塗装されたフックもバイト誘発には効果が高いようで、ハゼは明らかにテールフックを意識的に食ってきていることが伺えます

そんなハゼクランクですが、今回ピックアップする【DUO テトラワークス kurakura】はノーマルの状態でアシストフック仕様になっているのが最大の特徴かと思います。

              <引用:DUO公式HP>

フロントフックはオリジナルでケプラーワイヤーをスプリットリングにセットしたものを採用しており、フックポイントがしっかりと上方向を向くようにセットされているので、根掛かりも回避できます。

リアフックについては、スプリットリングを使わず長めのケプラーワイヤーを使ってループが作られておりフックアイにそのままセットする形式。

ここはジャストエースのアシストフックと同じ感じですが、ループ部分に使われている素材がただのスレッドではなくケプラーワイヤーなので、まさにクロダイなどがヒットしても安心してやり取りができます。

なので、ハゼクランクをイメージさせますが、チヌクランクも兼ねているところがこの製品の特長&メリットですね。

このように、これまでのハゼクランク専用品とは少し味付けの違うルアーが【DUO テトラワークス KURAKUA】になります。

ノーマルでシンキングモデルが存在

ハゼクランクは根掛かり回避の観点でフローティングタイプが主流ですが、【DUO テトラワークス KURAKURA】はシンキングタイプが準備されているのも面白いポイントです。

直近の釣行記でご紹介したように、その日の潮回り次第では水深が出てしまうポイントもありますので、フローティングだけでは攻めきれないシーンも発生します。

そんな時はシンキングがあれば狙える範囲がグーンと広くなりますね。


フローティングタイプを自分で板オモリなどを貼って調整することでシンキングタイプにすることも可能ですが、リップに鉛を貼るとどうしても動きが緩慢になるので、ノーマル状態でスローシンキングにセッティングされているルアーは持っていて損はないかと思います。

ただ、シンキングタイプはスタック回避性能が絶対に落ちるので、使いどころは意識しないといけないかとは思います。

            <引用:DUO公式HP>

sss

            <引用:DUO公式HP>

カラーラインナップが素敵

最後にカラーリングについて見ておきたいと思います。

ソルト専用のクランクということで、色の傾向が赤系と金色系にかなり偏っていて、クリア系のカラーはありません。

ただ、ハゼにせよ、チヌにせよ、実際に赤系が強いのは間違いないので、これでいいんだと思います。

<出展:DUO公式HP>

”インパクトイソメ”や”金ミミズ”などは、ゴールドのシートは半身に貼られているので、デイゲームでは存在感を発揮できるカラーかと思います。

また、グロー系のカラーが1色ありますが、ケイムラ系のカラーはありません。

ハゼにもケイムラカラーの効果が高いことは、フックのケイムラチューンでも実証済なので、ジャッカルのルアー用マーカー【イレグイマーカー】などを使ってルアーのアピールを調整してみるのも面白いかもしれませんね。

ハゼクランク専用 DUO TETRA WORKS クラクラ まとめ

と言うことで、新しいハゼクランクについてピックアップしてみました。

ハゼクランクは手軽さと気軽さが売りの釣りなので、細かい事を意識することなく自分が試したいルアーでやりたいようにやって結果を楽しむのが良いと思います。

また、今回紹介した【DUO TETRAWORKS クラクラ】のフックは、替えフックも販売されているようです。

<出展:DUO公式HP>

5本で500円ですので、JUST ACEのアシストフックとほぼ同じくらいの価格。

トリプルフックよりは単価が安いのも良いですね。

海水・汽水域で使うと錆などのフックの劣化は早いので、気軽に交換できるのは有難いですね。

まだ、実際に店舗で発見できていないので、探してみたいと思います。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)