タックル関連情報

【タックルインプレ】サーテイフォー LINK50で外道ナイト!

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨夜は仕事の終わりも遅く、夕刻に出撃していた釣り友さんからは爆風との情報ももらい、普通なら出撃を断念していたところですが、調達したてのLINK50を投げてみたくて、風裏でも探して投げてみるか?と軽い気持ちで出撃してきました。

会社を出てみると、ほぼ無風?

普段なら、風が弱い日でもビル風が吹く場所なのに、その風さえありません。

風向きの問題か?と思いましたが、車まで移動する道中も風は弱く、もしかしたら風が止んできたかも!と、急いでポイントに向かいました。

サーティフォー LINK50 実戦投入

ポイントに着いてもやはり微風。

これはブラッギングにバッチリだ、と喜びつつ、ブラッギング用にスプールをPEラインが巻いてあるモノに替えてポイントに入ります。

まずは、【サーティフォー LINK50】のばななカラーから開始します。

しばらくは飛距離を確認すべくフルキャストで様子をみます。

PEラインは、0.09号の4lbを使いました。

ルアーの飛距離は、ぶっ飛び感こそ無いものの、しっかりロッドにルアーの重みを乗せて投げれば安定して飛んでくれます。

この日は【リップルフィッシャー リアルクレセント65JH/TZ】を使ったのですが、【ヤマガブランクス ブルーカレント77/TZ NANO】を使えばもっと飛ぶ感じがしました。

一通り投げて、沖向きではライズも無いし、バイトが出ないので、少しショートレンジで探ってみることに。

すると、数投目に、表層をただ巻きしていた【サーティフォー LINK50】がコンッ!とひったくられました。
お!メバルや!と喜んだのも束の間。

瞬殺で上がってきたのは、小さなムラソイくんでした。

ムラソイはメバルを表層で狙っている時によくヒットするので、浮いている時はかなり表層にいる魚です。

また、ムラソイが釣れる時はメバルも好調な事が多いので、期待をして表層を探り続けます。

しかし、残念な事になかなか次が続いてくれません。

そこで、少し場所を移動して、常夜灯がある明暗ポイントに入ります。

明暗の切れ目をしばらく観察しますか、ライズが出ている感じはありません。

まぁ、せっかく見に来たのだから、投げるだけは投げてみようとキャストを開始すると、明らかにメバルのライズでは無いバキューム音が耳に入りました。

あ、これはアカンパターンや、とプラグを回収しようとした瞬間、ゴゴゴンッ!とロッドが引きずり込まれ、水面でバシャバシャ〜〜と魚が跳ねました…

あ〜〜やってしまった〜〜

と、思うも後の祭り。

水面で跳ねた後はギュンギュンと潜っていきます。

はい、シーバス掛けてしまいました。

適度にテンションを掛けつつ、ドラグを少しだけ強めて寄せにかかります。

次に水面で跳ねてくれた時に外れてくれないかな〜〜と期待するものの、バレてくれていい時に限ってバレてくれません。

なぜ取り込む気が無いかって?

この日に限ってランディングネットを持ってきて無かったのです。

プラグなのでチヌも掛からないだろうし、ネットは要らないと判断したのですが、チヌで無くてもこいつが居てました。

ゆっくりやりとりでシーバスも弱って浮いてきましたが、いかんせんPEラインも4lbなら、リーダーも4lb。

とても持ち上がりそうにないサイズです。

せめて魚の姿を収めておきたいと思い、グロッキー状態のシーバスを動画に収めました。

結局、最後はラインを持って持ち上げようと努力はしたのですがラインブレイク。

ランディングは出来ずしまいでした…

という事で、LINK50のデビー戦は、魚とのコンタクトはありましたが、外道のオンパレードで終わりました。

次こそは、メバル釣りたいです!

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:PEライン 0.09号(4lb)+東レ バウオ エクスレッド 4lb

ヒットルアー
■サーティフォー 34 LINK50

■NABRA Chase Fishing TOP へ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)