タックル関連情報

【新商品情報】サーティフォー 34 パフネーク 2.2in

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

メバリング最盛期ですが、サーティフォーから新たなアジング用ワームがリリースされます。

まぁ、ライトゲームのワームにアジ専用、メバル専用、というのは無いと認識してはいますが、やはり、よりアジ向き、よりメバル向き、というのは存在するのも事実。

これは使っていけば実感できる話しですが、魚自身の特性と言うのもあろうかと思います。

ということで、今回は、個人的には『よりアジ向き』なNEWワームをピックアップしてみたいと思います。

では、お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

細長い形状の中にも工夫有り!

今回ピックアップするのは【サーティフォー パフネーク 2.2in】というワームです。

サーティフォーさんはカラーのネーミングにも色々と遊び心がうかがえる点が多いのですが、ワームについても独特の形状とネーミングが目を惹きます。

今回の『パフネーク』は『PUFFY(ぽっちゃり)』と『SNAKE(へび)』をくっつけた名前とのこと。

最近の若い方はあまり見たことが無いのでは?と思いますが、昔のおもちゃで、短く切った竹をつなげてあって左右にフラフラ動くおもちゃがあるのですが、それをイメージして作成したワームとのこと。

まぁ、ワームなので横方向だけへの動きという訳ではないでしょうけれど、意識的に動かさなくても自動誘発的に動きが出るところを狙ったワームのようです。

デザインは比較的シンプルで、【サーティフォー 34 タープル】のように凝ったデザインではありませんが、ポコポコとした玉がつながったような細長い形状で、アジにはめちゃくちゃ効きそうなワームです。

過去の記事にも書いていますが、細長いワームはアジを強く誘う性能を持っていると思っており、喰わせるのが楽しそうなワームです。

ヘッド部は既存のサーティフォーさんのジグヘッドにマッチする形状となってるので、長いと言いつつセッティングに難しさがある訳ではなさそう。

ストレート系のワームでは、【サーティフォー 34 オクトパス 1.8in】より長いので、【マーズ MARS ストレンジャー】の後任ワームになってくれるのでは?と期待しています。

【ティクト フィジットヌード】などもそうですが、長いワームは基本が細身で意識的にアクションを付けて目立たせて使うイメージですが、このワームは先にも書いた通りで、自動誘発的に動きが出ることを狙っているワームになります。

ポッチャリの節の部分が水の動きを受けてクネクネと動く(曲がる)イメージですね。

細長いワームはついついアクションを付けて動かして誘いたくなるのですが、最近のライトゲーム(アジング、メバリング)のトレンドはプランクトンパターンなので、喰わせに関しては誘いのリアクションと言うよりはベイトとナチュラルに同調させるイメージで使って欲しい、という話しのようです。

バスフィッシングでもそうですが、新しい狙い方に合わせて、新しいルアーが出てくるのはよくある話しですが、このワームもそんなトレンドを意識したワームということのようです。

カラーはアジング寄りからリリース

続いてカラーラインナップをチェックしてみましょう。

リリース当初のカラーは6色。

他のワームでも使われているカラーとして『ともしび』『こうはく』『あめいろ』の3色。

『ともしび』は、私の大好物カラーの『こもれび』と同時期にリリースされた比較的新しいカラーですが、アミパターンにマッチする釣れて当然のカラーなので、選択されたのも納得です。

そして、新しいカラーとして入ってきたのが『ひまわり』と『かいうんおれんじ』と『あおりんご』

『ひまわり』は強グローのクリアチャートをベースにしつつ、金ラメと緑ラメが入っており強烈アピールのカラー。

少し濁りがある状況や、活性が高い状況で、バイトを効率良く引き出すことができそうなカラーです。

『かいうんおれんじ』は、あの夏場に絶大なる実績を誇るソリッド系ケイムラカラーの“だいだい”をベースにグローまで入れてしまったカラー。

濁りに強い上に、明かりが少ないエリアでもしっかり蓄光させることでアピールできるので、更に適用範囲が広いカラーになりそうですね。

最後に、『あおりんご』ですが、私の中では限りなく“わせれもん”を思い出させてくれるカラーです。

“わせれもん”はよりチャート寄りのカラーなのかな?と思いますが、グリーン系のカラーがくしくも『夜光虫』パターンにも効くとなっています。

ということは、このカラーはメバリングでも絶対釣れますね!

まぁ、“絶対”は無いのでしょうけれど、経験からすると少し海水温が上がり始めたくらいの時期の夜光虫は確実にメバルの餌になっているので、この『あおりんご』で表層を流せば夜光虫パターンでバイトに持ち込めるチャンスは増えるのではないかと思います。

以上、カラーのチェックでした。

サーティフォー 2020年NEWワーム パフネーク まとめ

と言うことで、久々にライトゲーム用ワームの新製品に注目して記事を書いてみました。

最近、釣具屋さんに行っても、正直、何らかの既存製品に似ているものが多くてどうも購買意欲がソソられません。

とは言いつつ、さすがにこれだけ多くの釣り具メーカーさんが次々に新製品をリリースされる訳ですから、時々ハートに刺さるルアーも出てきます。

今回のルアーも、ちょっとそんなインパクトを感じたワームでした。

特段、目を惹くギミックは無さそうですが、魚に確実にPRするプックリなデザインは地味だけどアリではないかと思います。

マテリアルの柔らかさも、きっとオクトパスなどとは違ってかなり柔らかそうなので、『静かにアプローチして、見せて釣るつり』をする機会があった際には、是非使ってみたいと思います。

その前に、まず手に入れないといけませんね (^^

最近は、ネット会員専用カラーでも、SSショップ(スペシャルショップ)では売っているのを良く見かけますので、タイミングを見つつチェックしておきたいと思います。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)